セフレの女性との出会いで人妻熟女を堪能

 

セフレ希望の人妻の女性とネットで仲良くなって数か月になる。食事した後、ホテルに行くのがいつもの60歳の俺のデートコースである。

 

38歳の熟れた彼女の豊かなお尻は握ると指から肉があふれんばかりそれでいてぴんとした張りがあります。足の間のデリケートな部分へ指でなぞるとにじみ出るみそ汁じっとりとなま暖かく湿っていました。乳首を触ると激しくふるえます。

 

「あんあん〜」
「のぐっしょりじゃないですか」
「だってとても上手なんですもの体の方が勝手に反応しちゃうの」
「もっと、いじってほしいですか」

 

彼女は頷き自分から下着は取っていた。少しいたれた見たこともないような大きな乳房が転げ落ちました。乳首がまるで僕を誘惑するようにぴんと立っています。

 

僕はその部分イチゴをつまむように力を込めてつまみました。

 

「おお・・乳首がこりこりではないですか」
「ああ〜〜そよ さっきからずっと乳首がキュンキュンして切ないわ」
「いっぱいクリクリしてとても気持ちがいわ あんあん〜」
「指だけでいいのかな 唇でチュチュウ吸ってほしいじゃないの」
「うう〜ん おっぱい吸ってほしいわ もっとよ」

 

 セフレの女性は僕の頭を抱えて離さない。自分で持ち上げてぼくの顔に押し当てます。

 

 大きく硬くなった乳首がチュンとぼくの口の中に入ってきます。僕がしたのねロネルと動かし極上のフルーツを思うままに食べている。

 

「ああ〜〜いいわ・・こっちもチュチュウ吸って」

 

僕は指を彼女の花園に差し入れくねくねとくすぐりながら云いました。すっかり目つきがとろけてしまった彼女が熱に浮かされたように答えています。

 

 「ええ 舐めてもらいたいわ 恥ずかしいところ舐めて」
「ちゃんと言葉で行ってごらん恥ずかしいところってどこだい」
「も意地悪なんだから お○○こお○○こ 舐めてよ」

 

そして僕の顔をまたぐように立ちました。それから腰を曲げゆっくりと唇に向かって股間の花園近づけてきます。

 

「おお・・」

 

たっぷりとしたお尻、ムチムチの太もも、ねばねばした蜜を滴り落とす花ビラひくひくと動く菊の花、最後の眺めです。

「おお・・なんというすばらしい景色だお○○この淫汁が流れ落ちているのがよく見えるよ」

 

セフレ希望するだけあって余程、セックスの飢えているのか待ちきれないとばかりに僕の顔の上にぽたぽたと淫汁を落としていく。

 

セフレの女性は若い男でも年老いた僕でもいいようだ。つまり、誘われればどんな男でも受け入れる淫獣と同じだと思った。

 

「洋三 60歳 静岡県」

 

本当に会える

 

出会うなら最低2ケ所登録がベスト
ここから登録すれば無料ポイントがつきます



TOPに戻る割り切りセフレ募集で既婚者が好きな女性と出会う方法>>