セフレ専業主婦※40代不倫は出会いアプリで

セフレ主婦は40代の不倫で専業主婦の不倫は出会いアプリで出会える。出会いアプリで知合った彼は,私と同じ40代ですが夫とは比べ物にならないほどセックスが強くて上手いのです。

 

私は、もう夢心地とはこのことでしょうか。とても幸せです。専業主婦のでも不倫に走るのは夫とは長年セックスレスになり会話もなく夫は妻に無関心で冷たい関係だからです。

 

夫は夕食を食べたらただ黙って本を読んで静かに一人で眠る。そんな寂しい心を癒したいと思ったのがきっかけでした。ほんの遊びのつもりでした。3ヶ月ですが毎日が楽しくて本当に私、生きていてよかったと思う毎日です。

 

私は、彼のものがいとおしくなって思わずほおずりしてしまった。

 

私は肉棒の裏筋を根元から先端へやさしく眺めあげたりすっかりそして袋にも、口の中に含んでしまう。

 

そそり立つ肉棒を口に咥えようとするのですが、余りの大きさで半分ぐらいしか入らない何とか工夫してやっているうちにすっぽり入るようになりました。

 

私の経験も少なくてでぎこちないものなのですが、私は興奮してしまいついに彼のアヌスまで舌をはわせていたのです。

 

肛門周りを恐る恐るなめてみた。うごめき始める、彼アヌスは想像していたよりも柔らか唇に心地よくまとわりついてきます。

 

「おいしいかい」「不思議なく感じ」

 

私はますます大胆な行動に出てきたと指で刺激を加えてきます。

 

「ひい」彼が漏らす快感の叫びに私は一瞬男を征服しているような錯覚に陥り心地よい響きとなって女の本能を刺激ししました。

 

隆々とそそり立つ肉棒にく両手で握りしめ生まれて初めての快感と熱い充実感に押しつぶされそうです。

 

「おいで馬乗りになって僕の顔に押しつけて」突然の言葉にためらいながらもいわれるままに愛液が滴り落ちる。

 

彼の顔に愛液をなすりつけました。

 

腰を無意識のうちに回転させながら、動けない彼はペチャペチャと卑猥な音をたてながらクリトリスと言わず蜜壺と言わず舐めて吸いつくす、彼の顔もヌルヌルで「クリトリスはやめて、狂うちゃうから」しびれるような快感を受け悶え狂っている私です。

 

火が付いたようにほてった地球の周りに驚くほど太くて硬くて長くたくましい肉棒をを押入れられたらまた私は失神してしまうだろう。

 

「どこに入れてほしいんだい」「オ○ンコに入れて」自分の言葉にみだらな気分をかき立てられてしまう。

 

彼は、ジラらせながら燃えて熱くそそり立つものを、ぐぐっとつぎ込んできたのです。

 

どう表現すればいいのか思いきり開けて唇が裂けるくらい程に彼のものをほうばっている。

 

すごいすごいんです。

 

彼はゆっくりゆっくりピストンを初めて私元のリズムに合わせて腰を上下させます。

 

「キスして、もっとキスして、」とろけるようなキスが欲しくて、私は思わず肩を寄せると彼の顔からチーズのようなにおいがした私のフェロモンの顔です。

 

彼の動きが激しくなってきた。ハードのピストンのたびに私の奥がズシンズシンと、押し上げられてくる。

 

「ヒエ〜〜」と声を上げた。私は結婚前には数人の男性とのセックスを経験しましたが、今思うと少女のお遊びにしか過ぎないようなセックスでした。

 

私の知る限りの男性よりもすばらしいセックスの肉棒は太くて硬くて長くてとてつもなく大きい。

 

私は狂ったように彼にしがみつきました。

 

「ああ〜〜気持ちがいい、もっとして、もっと」彼はさらに大きくなりました。そして私に覆いかぶさっている彼の肩に歯を立てて最高のクライマックスに達しました。

 

【彩子 45歳 愛媛県】

 

通常500円分のポイントが付きますがここから登録すると1000円分の無料ポイントが付きます。

 

ここから
TOPに戻セフレ 主婦,40代 セフレ,専業主婦 不倫割り切りセフレ募集で既婚者が好きな女性と出会う方法